U.S.A.F.

Air Force SPECIAL Ooperations Command

空軍特殊作戦軍(USAFSOC)

Air Force SPECIAL Ooperations Command 

USAFSOCは、1990年5月22日 

フロリダ州 ハルバートフィールドを司令部として創設された。
USAFSOC は、
統合軍Unifaid Commandoの一つである
合衆国特殊作戦軍U.S.SPECIAL Ooperations Command=USSOC
航空部門を担当し空軍特殊部隊の全てを指揮下に置いている。

  中でもAFSOG配下のSTSは、SEALsやグリンベレーに匹敵するエリート部隊で
  CCT及びPJ隊員が配属され
  隊員の中には、陸軍特殊部隊や海軍特殊部隊の資格を持つ者もいる。

        CCTは 戦闘航空管制任務に着き空軍特殊作戦機誘導の為に作戦区域に潜入し、 
         PJ隊員は特殊部隊員負傷者の救出任務を行う

  MC-130コンバットタロンとMH-53ペイブローにて陸軍特殊部隊グリーンベレーや海軍特殊部隊
   SEALSの潜入脱出及び補給を担当する。

AFSOC は、特殊化された航空戦力で世界中へ展開し、
統合軍への支援を行う。


任務は、USSOC 指揮下の各特殊部隊の航空支援であるが、
その中には非正規戦、特殊偵察、対テロ、直接行動、
海外での自国民保護が含まれ、また友好国軍の編成や訓練も行う等

その任務は多岐に及ぶ。

写真はSTS所属 CCT/PJ隊員の設定です。














今回、パイロット負傷兵役で撮影に協力してくれた方は、
高知ボンバーズのメンバーではありません
撮影協力ありがとうございました。感謝感謝

2001年1月10日作成

文章作成 OLD SOLDIERS CLUB